blog index

IR アイアール・起業・財務コンサルのバニラックス Vanillaxのメモ

IR(アイアール)・財務・経営のお手伝い、翻訳、地方再生、起業支援などや、ボランティア、日常のことをつらつらと書き留めていきながら、生き方のヒントを模索する場所。
<< クリスマスを前にあなたへ | main | 差がつくアクション >>
不動産会社 再建策

日本と同様、不動産不況に見舞われているスペインでは、不動産会社がバルセロナ郊外で売れ残っている31戸のマンションをくじ方式で売りに出したのはご存知だろうか。この話が、一部の日本の不動産業者の間でも話題となっている。(こういう話を全く知らない不動産会社の人々もいるようだが、どうやら情報網からも外れてしまって、会社の存続のことしか考えられなくなっている寂しい企業もあるようだが。。。

スペインの不動産市場はこの10年間好況が続いてきたが、世界金融危機の影響も受け、現在不況に陥っており、今年1−9月期の不動産販売は前年同期比で3割近くまで落ち込んでしまった。過去10年とはいかないものの、日本の不動産市況もここ数年活況だったことを踏まえると確かに似てはいる。

そんな中、そこで不動産業界では売上回復のためにさまざまな新しいアイデアを生み出して、販売促進を目指している。ここが日本と違うところ。10月には他の業者が、地中海岸の保養地の4寝室のタウンハウスを購入した客に、1寝室のマンションを無料で付けるサービスを行ったことが話題になったばかり。

そして先日発表された新アイデアはくじ。くじは1枚50ユーロ(約6000円)で、各戸につき7000枚で売り出される。不動産会社は一戸につき35万ユーロ(約4200万円)を得る計算になるが、もし、くじが6500枚以下しか売れなければそのマンションのくじ販売は中止となり、くじの代金も払い戻される。くじをたくさん売ることができれば、不動産会社はそれだけ儲けられるし、幸運にも当選した住民は、たった6000円ほどでマンションを得ることができる。枚数が達しない場合にくじを払い戻すことができれば、不動産会社もリスクが少なく、購入者もリスクがない。と、低迷する日本不動産業界からも注目が集まっており、この仕組みが機能すれば参考になりそうだ。

スペインではちなみにくじそのものが盛んで、今回のようなマンションくじが考案されたが、過去には行き過ぎた例もある。5月には首都マドリード近郊に住む男性が、住宅ローンの支払いが難しくなったため、くじでマンションを売却しようとしたが、適切な許可が得られず取り止めとなった例がある。

また先日には賞品が豊胸手術のくじの販売を企画していたナイトクラブが、苦情が殺到したことを受けイベントを中止している。不況に苦しむスペインの不動産の期待を背負って登場したマンションくじ。はたして31戸分のくじが順調に売れるだろうか。

まぁ、少なくとも値引き販売しか考えず、その値引き販売すら、しっかりとこなせていない状況やキャンセルが相次いでいる状況下にあって、国内の不動産会社も、もう少し工夫が必要だと思う。また賃貸においても同様の状況と言えるだろう。オフィスの最寄駅の駅前一等地ビルが空いていたり、銀座の目抜き通りでさえ空いているものがあったりするのだから、しょうがないといえばしょうがないのだが。。。。

そんな方々でお手伝いが必要な方、どうぞ Vanillax LLCをご覧ください。
| vanillaxj | News and analysis | 21:04 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
にほんブログ村<br>経営ブログ<br>広報・IRへ
にほんブログ村 にほんブログ村 コンサルタント

bolg index このページの先頭へ