blog index

IR アイアール・起業・財務コンサルのバニラックス Vanillaxのメモ

IR(アイアール)・財務・経営のお手伝い、翻訳、地方再生、起業支援などや、ボランティア、日常のことをつらつらと書き留めていきながら、生き方のヒントを模索する場所。
<< うまくいかないのは誰のせい? | main | 負けない就職活動 >>
就職活動 コツと戦略

先月24日に二コマ、尾道大学経済情報学部でお時間を頂いた。

1コマ目は2年生200人ほどが取っている『金融実務』という一般教養科目ということで、私が実際に行ってきた証券会社の投資銀行部門というところの資金調達、IR(インベスターリレーション)、M&A(合併・買収)などに関して、証券会社というのはどういうことをしているのか、実際の仕事の現場はどういうところだったのか、どういう仕事をしていたのか、上司の役割、私の役割、自分が得たスキル、その後のキャリアへの展開などについてお話した。

合併・買収についてはまだまだ難しい話であったので、学生の顔を見ながら話し始めの1分で説明の展開を即座に変え、恋愛や結婚相談所の例を出して、学生にわかりやすい説明に切り替えた。

また、それ以外にも尾道大学の経済学部で授業の行われているファイナンシャルプランナーについてこの資格の内容と、その後のビジネス展開、取ることのメリットと活用の仕方、実務や現場でのFPという資格など、この資格を取った後、どのように活かすべきなのか、ということについてお話させて頂いた。


2コマ目は4ゼミ共同という今までにない画期的な取り組みでの勉強会、ということで金融半分そして就職活動に対してのお話を半分させて頂いた。とりわけ1コマ目の同様合併・買収などについては、尾道大学でも特に教科として教えることもないようで、実際にその実務に精通している方や、体験をしている方、またビジネスや交渉の流れについて語ることのできる方がいらっしゃらないようで先生方も含めて、非常に興味深く聞いて頂けたよう。質問が先生から真っ先に出るほど。

本年度の尾道大学の就職内定率は全国平均よりも10%ほど高いものの、採用が減り、学生の負担やプレッシャーが増え、元来自信がなかったり、元気がない学生達が更に不安を募らせている現状が目の前にあった。また、通常の内定率ではなく、第一志望内定率、という数字を用いると、芳しくない結果にある学校もある。

東京で学生らにエントリーシート、面接での心構え、社会人としての常識と学生の常識、受け答え、印象に残る話し方、伝え方、自分よりもレベルの高い学生との差別化を図る方法などについて教えていることを踏まえ、その内容をお伝えしてきた。

90分の間に学生の見る目が変わり、やる気が出てくるのが前で話をしていてわかるほど、90分という時間で学生の印象やイメージ、前向きな姿勢を感じることができたのはうれしい限り。


二コマとも授業後に教授陣がアンケートを取ってくださり、感想を書いてもらったものが250枚以上あるのだが、9割以上が80%以上の満足度となっており、尾道大学2年生の一部には金融の最先端のお話ができ、3年生の一部は見違えるほど就職活動に対しての前向きな姿勢を持ってくれたものと思う。また現在先が見えずに苦労し不安になり、自分の能力のなさや学校名を嘆いているであろう就職先の決まらない4年生に対してもこういう話ををしてあげたいと強く思った。就職浪人をしても全くマイナス評価されない話し方や理由づけを徹底していくことで、今年も東京で何人もの一度就職に失敗した「5年生」による一発大逆転をサポートしたのだから。

昨年から今年の春にかけて就職活動した尾道大学の現4年生の学生の中で、第一志望への内定、学内第一号だった学生は実は私がお手伝いをした子。本人の努力が大部分を占めるのだが、やはりちょっとしたきっかけづくりも重要なのだろうと思う。

現在も数十人のお手伝い中。全員の笑顔のために。
| vanillaxj | Onomichi | 09:31 | comments(1) | - | - | - |
コメント
先生から質問が出るほど凄く深い内容だったんですねっ!
流石、先生を教える大先生ですねっ!
私も常に前向きに大先生を見習って頑張らなくっちゃ!
いつも大先生のHPは拝見しています。
頑張って下さいっ!これから先もずっと応援しています。
| NSビル | 2009/12/15 12:48 PM |
コメントする


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
にほんブログ村<br>経営ブログ<br>広報・IRへ
にほんブログ村 にほんブログ村 コンサルタント

bolg index このページの先頭へ